• ホーム
  • 男性型脱毛症で悩む患者数と主な予防方法

男性型脱毛症で悩む患者数と主な予防方法

櫛を持っている男性

成人男性が薄毛になる要因は、ほぼ全て男性型脱毛症が原因です。
額の生え際や頭頂部に健康的な毛髪が発毛しなくなり、うぶ毛のように細い毛髪になってしまうことで、地肌が見えるようになってしまいます。
男性型脱毛症の特徴は、男性ホルモンが持つ特性によって、引き起こされるという点です。
男性ホルモンは、髭や体毛を生やす働きがありますが、頭頂部や額の生え際に存在している毛乳頭は、男性ホルモンと結びつくことで、脱毛が促進されるという特徴があります。
つまり、男性ホルモンがたくさん存在している男性が、男性型脱毛症の影響を受けないというのは、難しいことなのです。
こうした男性ホルモンの影響の他には、加齢も関係しています。
男性型脱毛症は、年齢を重ねるほど発症しやすくなります。
思春期以降、徐々に進行していきますが、進行具合は個人差が大きいです。
個人差が大きいものの、薄毛は隔世遺伝なので、祖父の進行具合に酷似していると言われています。
隔世遺伝なので、親などが薄毛の場合、当事者が薄毛に悩まされる可能性が極めて高くなります。
遺伝子レベルの話になってしまうので、解決は困難で、現時点では根本的な解決方法が見出されていません。
このように、男性型脱毛症は、男性ホルモンと遺伝そして加齢により引き起こされる症状です。
これらの他にも、ストレスや生活習慣が起因となり、男性型脱毛症が生じるきっかけになることもあります。
男性型脱毛症は、初期症状が始まると進行が早いので、脱毛などが見受けられるようになったら、早急にケアを施さなければ、髪の毛は減り続ける一方です。
対策は、早いほど効果が得られるので、男性型脱毛症の兆候が見られたら、すぐに対処しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧